酸度調整の課題

 

硫黄華(硫黄の粉)を用土に混ぜて用土を酸性にする方法はあります

が、酸度(ph)を調整するのは難しそうです。

 

 

どの位の量の硫黄華を混入すれば酸性の値がどうなるか。

実際に実験しながら希釈量を決めなければなりません。

 

 

石灰などを入れてアルカリ性化する(野菜など)ものは一般に沢山の

例が有って参考にするのは容易なのですが、硫黄華による酸性化の

具体的なデータが手元にありません。

 

 

硫黄華を手に入れて、さて、実験するにしても、その硫黄華の純度は

どうなのか。割合複雑な話です。

 

 

また、混合した硫黄華が環境や日時の経過によって急激に変化する

ことも考えられます。正確に計量しても、目的の酸度を遥かに超えて

しまって下がり過ぎて植物を枯らす可能性もあります。

 

 

業者用の粉剤もあります。土壌に混合して酸度を下げる粉末(硫黄華

が含まれている。)です。比較的安定した状態を保てるらしいです。

 

 

この方が、硫黄華を混ぜて実験するより便利かもしれません。

 

 

いずれにしても、植物をより良く育てるには酸度調整は重要だと思い

ますが、いろいろな土壌を試し結果オーライが良さそうです。

 

 

それから、この土壌酸度は、

「どうして家(うち)の植木は上手く育たないのだろう?」という疑問の、

一つの答えのようです。

 

 

土づくりについて、水はけ、根詰まり、虫害、肥料過多などの他に、

土壌酸性度は適正かどうか?が、有るのではないでしょうか。

 

 

 


 

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ