播種(たねまき)

 

 

いよいよ、種子を播きます。

 

 

播き床として用意したミズゴケを敷き詰めたフカフカのベットに、

慎重に種子を播いて行きます。

 

 

tanemakidoko

播き床

 

当初は写真のような赤茶色をしていますが、日が経つにつれ

薄茶から少し緑がかった色に変わってきます。いろいろな種類

の品種を播く場合は名札を付けて区別します。

 

 

次期は2~4月、播種(はしゅ)後の管理や発芽して直ぐに夏を

向かえる事を考えての適期だと思います。

 

 

自然界では種子は、秋に地表に落ちて冬を越し発芽するか、

地温が上がる春まで待機していて 一番ふさわしい環境を敏感

に察知して発芽生育しているようです。

 

 

種を採って直ぐの「採り播き」は管理を長く継続しなければなら

ないので大変ですが、 早いほど良いのかも知れません。

 

 

また、5月に播いたのでは夏の高温や害虫の発生 などで生育に

影響があるのでありますから、少し遅いと思います。

 

 

種を播く深さは一般的に、種子の大きさの大体3倍ぐらいと言わ

れますが種類で違うようです。

 

 

ツツジ・シャクナゲ・山野草などは、深さに関係なく播き床の表面

が良いようですが、それだけに発芽までの間(約1ヶ月)は水遣り

に要注意です。

 

 

種子が何処かへ流されて、名札の品種が別の場所から発芽すること

になってしまいます。発芽のあと双葉になって品種の判別ができれば

良いのですが、似たような品種だと判らなくなります。

 

 

播くときは一番神経を使う場面です。軽く細かい種子なので均一に

バラ播けるよう工夫して播くと良いです。

 

 

中には世界から購入した貴重な種子もありますから、あまり大雑把な

播種は避けたいところですね。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ